So-net無料ブログ作成
検索選択

フィルムカメラとデジタルカメラ [カメラ]


人気ブログランキングへ

皆さんはフィルムを入れて使うカメラって使った事ありますか?(写ルンですシリーズ以外でね)

一般用のデジタルカメラが発売されてから約20年ですから若い人の中には使った事の無い人もいるかもしれませんね。

ちょっとフィルムカメラとデジタルカメラの違いについて書いてみますね。

フィルムカメラはシャッターを切った時にフィルムが感光し写真が出来ます。
デジタルカメラはシャッターを切った時にセンサーに当たった光をデータ化して写真にします。

簡単に言うと上記のようになるのですがちょっと細かく書いてみます。

ISO
デジタルカメラではちょっと暗いかなと思った時にISOを設定を上げて明るく撮影することが出来ます。
フィルムカメラにはISOを設定する項目がありません。どうやってISOを値を替えるのかというと、カメラに入れるフィルムを変えることによってISOの値が変わります。
つまり、フィルムが終わらないとISOの設定も変えることが出来ないという事になります。

撮影枚数
デジタルカメラでは主にメモリカードに写真を保存します。
1000円位のメモリカードでも500枚以上は保存できると思います。
フィルムカメラは使用するフィルムの長さによってきます。主に12枚、24枚36枚の3種類が発売されています。

写真の確認
デジタルカメラでは撮影した写真をその場ですぐに確認する事が出来ます。
フィルムカメラは撮影が終わったフィルムを現像、印画紙への焼き付けをしてはじめて写真として見ることができます。
場合によっては3日以上かかることもあります。

何点かあげてみましたがフィルムカメラのデメリットばかりですよね・・しかしフィルムカメラにとって大きなメリットもあるんです。それは

センサーサイズ(フィルムサイズ)
デジタルカメラは皆さんが通常使うコンパクトカメラで1/1.8型(7.2mm×5.3mm)や1/2.3型(5.9mm×4.4mm)8万円位のデジタル一眼レフでもAPS-C型(23.6mm×15.8mm)15万円以上の一眼レフで35mm型(36mm×24mm)というセンサーサイズになります。もちろんセンサーサイズが大きければ大きいほどきれいな写真となります。
フィルムカメラは通常使うフィルムサイズが35mm型(36mm×24mm)となります。(コンパクトカメラ用にAPS-C型のフィルムと専用カメラが発売されたこともありました・・)
15万円以上するようなデジタル一眼レフカメラでやっとフィルムカメラに追いついたところです。

機能的にはデジタルカメラが一歩も二歩も先に行っていますが写される写真を考えると高価格のデジカメでやっとフィルムカメラに追いついたといった感じでしょうか。

私の周りでもみんながデジタルカメラに移行している中、現在もフィルムカメラで頑張っている方が二人いらっしゃいます。
お二方ともフィルムを探すのに苦労したりしているみたいですが、ずっと使い続けてもらいたいですね。



スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。