So-net無料ブログ作成
検索選択

アイソン彗星 崩壊? [今物語]

人気ブログランキングへ

昨日のニュースや今日の新聞ご蘭になった方もいらっしゃるかと思いますが

天体ファンのみならずカメラファンにも期待されていた今年最後の天体ショー

アイソン彗星の接近がダメになった可能性があります。

NASAによると29日の早朝アイソン彗星は太陽にもっとも近く接近したそうです。
太陽に最接近したときはチェックすることは出来ませんでしたが、その後通るはずの軌道に時間になっても彗星が現れなかったとの事でした。

また、日本の国立天文台からも
太陽観測衛星からの画像によると29日の午前2時ころから彗星が暗くなりはじめたとの発表がありました。
これは彗星の核が崩壊し、その破片や塵が淡く輝いているからだろうとの発表がありました。

他のネットでは大きめの核が残っていれば見ることが可能かもしれないと書いている所もありますがみんなが予想(願っていた)月の様な明るさの彗星を見られる可能性は限りなく小さくなってしまいました。

子どもの頃、ハレーすい星が地球に接近しました。
接近したと言っても天体望遠鏡が無いと見えないような明るさでしたので
夜中、学校で行われた鑑賞会に行った思い出があります。
(余談ですが同日、親の会社が火事になったという想いでも・・)

今回は期待していただけに残念でなりません。

また、彗星についても何か動きがあれば書いていきたいと思います。



スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。